精油のプロフィール(カルダモン)

目次
 
1.カルダモン精油のプロフィール
2.カルダモン精油の色、香りの特徴
3.カルダモン精油のオススメの使いかた
4.カルダモン精油の作用、効能について(参考)
 ★精油の作用、効能について
5.カルダモン精油を使ったレシピ

1.カルダモン精油のプロフィール (エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375:ジニーローズ著ほかより)

 
 
 
植物名:カルダモン
英名:Cardamon
学名:Elettaria cardamomum
科名:ショウガ科
種類:多年草
産地の例:インド、グアテマラ、ジャワ、スリランカ
抽出部位:種子
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:シネオール、 酢酸ターピニル、テルペン類
 
 カルダモンは、ショウガ科の多年草です。和名は小荳蒄(ショウズク)です。
紀元前2世紀ごろにはすでにインドからヨーロッパに輸出されていた、最も古いスパイスのひとつです。樹脂系のさわやかで上品な香りがあり、「スパイスの女王」とも呼ばれ、「高貴な香り」として形容されることもあります。
 種子の乾燥品は香辛料として用いられ、カレー料理にはかかせないスパイスのひとつとされています。
種子は生薬「小豆蒄」として日本薬局方に収録されており、芳香健胃作用があります。

2.カルダモン精油の色、香りの香りの特徴(参考)

(1)香りの特徴

香りの特徴:スパイス系 (アロマテラピー図鑑より) 
:特有のスパイシーでフルーティーな、温かみのあるバルサム様の香り。
 (*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375、より)
 
:スパイシーでジンジャーを思い起こさせる香り。
 (*アロマ療法大全より)
 

(2)香りのノート(参考) (アロマテラピー図鑑より)

揮発度:トップ〜ミドルノート 
 
香りの強さ:中
 

(3)色(参考) 

:黄金色(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375、より)
 
:無色(*アロマ療法大全より)

3.カルダモン精油のオススメの使い方

使用の難易度:上級者向き

 

使い方(アロマテラピー図鑑より)

神経性の胃腸などのボディオイルとして。
 
適用可:芳香浴、沐浴、スチーム吸入、湿布、トリートメント、アロマクラフト
 

精油の働き(アロマテラピー図鑑より)

心へ

緊張や疲れを癒し、気持ちをおだやかにする。
マイナス感情を抑え、やさしく寛容な気分にする。

体へ

食欲不振、膨満感、便秘などに働く。

肌へ

肌荒れ、乾燥肌、ニキビ肌をととのえる。
口臭の軽減、予防。

 

使用上の注意(アロマテラピー図鑑より)

  • 妊娠中、授乳中の使用は避ける。

4.カルダモン精油の効能について(参考)

*著名な参考文献より紹介 

  

特性(参考)

:記載なし(*ジャンバルネ博士の植物=芳香療法より)
 
:強壮作用、催淫作用、鎮痙作用、駆風作用、消化促進作用、頭部機能促進作用、健胃作用、消毒作用、利尿作用
(*アロマテラピー <芳香療法>の理論と実際より)
 
:強壮刺激作用、健胃、駆風+
 鎮痙(神経筋)+
 抗カタル、去痰+++
 抗感染、抗菌(この力は弱く変動しやすい)、駆虫
  (*フランスアロマテラピー大全より)
 
:からだに対する作用
 強い抗菌と抗ウイルス作用、抗真菌、滅菌(消毒)、消炎、鎮痙、喀痰溶解、去痰、消化促進、活力向上、強心。
 精神対する作用
 刺激、活力向上、鎮静、バランス調整
(*アロマ療法大全より)
 
:強壮作用、刺激作用、胃痛や腸内のガスによる張りの緩和、神経や筋肉の鎮痙作用、去痰作用、抗感染作用、抗菌作用、駆虫作用、体をあたためる作用
 (*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375 より)
 

適応(参考)

 
:記載なし(*ジャンバルネ博士の植物=芳香療法より)
 
:嘔吐、消化不良、せき、悪心、食欲喪失、疝痛、口臭、衰弱、頭痛、鼓腸、精神疲労、胸やけ
 (*アロマテラピー <芳香療法>の理論と実際より)
 
:消化機能不全、消化不良、空気嚥下症、痙攣性腸炎+++、寄生中症
 心臓痛(消化不良性、自律神経性)
 寒気、カタル性気管支炎+++
 (*フランスアロマテラピー大全より)
 
:気管支炎、喘息、臓器に原因のない心臓障害、腸痙攣、筋肉緊張、スキンケア、月経前症候群(*アロマ療法大全より)
 
:消化器系、消化管の痙攣、気管支の吸入に適用。
 (*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375 より)
 

安全上の記載(参考)

 
:記載なし(*ジャンバルネ博士の植物=芳香療法より)
 
:記載なし(*アロマテラピー <芳香療法>の理論と実際より)
 
:禁忌:生理学的な用量においては、知られていない
 (*フランスアロマテラピー大全より)
 
:既知の副作用はない(*アロマ療法大全より)
 
:記載なし
 (*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375 より)

★精油の作用、効能について

 現在書籍およびネット上には、精油の効能についてさまざまな情報が出されています。
本当なのか実際にどうなのか確認したい人は多いと思います。精油の効能を知りたくて、当サイトにたどりついた人もいるかもしれません。
 精油は植物に含まれている様々な成分を濃縮したものです。これまでの長い植物療法の歴史からも、近年行われているいろいろな研究からも、精油が人体に様々な作用をすることは間違いないでしょう。(プラス面、マイナス面とも)。
 しかし、様々な成分が含まれている複雑な物質である精油が、これまた複雑な人体システムに作用する詳細はまだほとんどわかっていないというのが実際のところです。
 精油の効果についての様々な情報について、当サイトでどれが正しいか間違っているか結論することは正直なところ無理です。
 そこで、当サイトでは、参考文献として取り上げている文献の記載を、参考として列記しています。
 取り上げた以下の参考文献は、それぞれアロマテラピーの世界ではみとめられている文献です。
 参考になれば幸いです。
 
著名著者による文献
ジャン•バルネ博士の植物=芳香療法
アロマテラピー <芳香療法>の理論と実際
*フランスアロマテラピー大全
アロマ療法大全
エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375 
 
その他一般的なアロマテラピーの文献
アロマテラピー図鑑