精油のプロフィール:メリッサ

目次
 
1. メリッサ精油のプロフィール
2.メリッサ精油の色、香りの特徴
3.メリッサ精油のオススメの使いかた
4.メリッサ精油の作用、効能について(参考)
 ★精油の作用、効能について
5.メリッサを使用したレシピ

1.メリッサ精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト1級より)

 
 
 
原料植物名:レモンバーム、メリッサ
学名: Melissa officinalis
科名:シソ科
産地の例:フランス、アメリカ、イギリス、イタリア
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:β・カリオフィレン、リナロール、ゲラニオール、シトラール、シトロネラール
 
 地中海沿岸原産の多年素で、冬になると地上部は枯れてしましますが、土の中に残っている根から翌春また新芽が出て、夏になると高さ60cmほどに成長します。精油の濃度がもっとも高くなる開花直前が、収穫に最適といわれています。
 ミツバチがこの植物を好むことから、学名の「 Melissa」はギリシャ語の「ミツバチ」に由来しています。
 葉を乾燥させたものは代表的なハーブティーのひとつです。
 メリッサ精油は少しフローラルな香りを含んだレモンのような香りです。たくさんの葉からわずかな量しかとれない貴重な精油です。

2.メリッサ精油の色、香りの香りの特徴(参考)

(1)香りの特徴

香りの特徴:柑橘系 (アロマテラピー図鑑より)
 
:さわやかな、スパイシーな、樹脂のような香調(AEAJ認定アロマブレンドデザイナー公式テキストより)
 
:気持ちを穏やかにさせるほんのりした香り(生活の木カタログより)
 
:癒し系でバラによく似た香り(*アロマ療法大全より)
 
:甘くて、温かみのある香り。スパイシーでバニラの香り。
(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375より)
 
 

(2)香りのノート(参考) (アロマテラピー図鑑より)

揮発度:ミドルノート 
 
香りの強さ:中
 

(3)色(参考) 

 
:淡黄色(*アロマテラピー図鑑より)
 
:褐色がかった色(*アロマ療法大全より)
 
;褐色の樹脂
(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375より)

3.メリッサ精油のオススメの使い方

使用の難易度:初級者向き

 

使い方(アロマテラピー図鑑より)

緊張をほぐす、フレグランスに。
 
適用可:芳香浴
低濃度で使用:沐浴、トリートメント 
 

精油の働き(アロマテラピー図鑑より)

心へ

心の緊張をほぐし、不眠を改善する。

体へ

血圧を抑える。
痛みを緩和する。

肌へ

しっしんの治りを促し、かゆみを鎮める。

 

使用上の注意(アロマテラピー図鑑より)

  • 刺激性があるため、低濃度での使用がおすすめ。
  • 妊娠中、授乳中の使用は避ける。

4.メリッサ精油の効能について(参考)

*著名な参考文献より紹介 

 

特性(参考)

:脳、心臓、子宮、消化器にたうする強壮作用 鎮痙作用 心身の刺激作用(長寿を保証するものとされる) 利胆作用(シャプロルとその同僚による) 健胃作用 駆風作用 月経促進作用 発汗作用 駆虫作用 
 (*ジャンバルネ博士の植物=芳香療法より)
 
:強心作用 解熱作用 神経強壮作用 強壮作用 健胃作用 鎮痙作用 駆虫作用 抗抑うつ作用 鎮静作用 駆風作用 子宮機能促進作用 発汗作用 血圧効果作用 消化促進作用 
(*アロマテラピー <芳香療法>の理論と実際より)
 
:神経鎮静、鎮静、催眠(睡眠促進)、血圧降下+++
 結石溶解+
 胆汁分泌促進+
 抗炎症+++
(*フランス・アロマテラピー大全より)
 
:からだに対する作用
 抗ウイルス、抗菌、消炎、疼痛緩和、鎮痛、鎮痙、鎮静、強心、血圧調整、駆風、食欲増進、バランス調整、抗アレルギー。
:精神に対する作用
 バランス調整、活力向上と鎮静、精神力向上、保護。
(*アロマ療法大全より)
 
:血圧低下作用、催眠作用、気持ちを落ちつける作用、抗炎症作用、鎮静作用
(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375より)
 

適用(参考)

:内用
 片頭痛(消化不良にもとづくもの) 消化不良 神経痛(顔面、歯、耳、頭) 感動過多 神経性不眠症 神経発作、痙攣、癲癇 失神、眩暈、耳成り 痙縮(喘息、消化器、心臓の痙縮) 妊娠時の嘔吐 知力欠落(記憶喪失)、抑うつ用 月経痛 貧血
(*ジャンバルネ博士の植物=芳香療法より)
 
:アレルギー症 消化不良 疝痛 嘔吐 ショック 熱病 悪心 心悸亢進 不妊症 かぜ 神経の緊張 片頭痛 月経困難 赤痢 めまい 高血圧 喘息 抑うつ症
(*アロマテラピー <芳香療法>の理論と実際より)
 
:不眠症、神経発作、ヒステリー、メランコリー+++
 消化不良++胃痙攣、吐き気、妊娠中の嘔吐、胆石+、肝機能不全++
 心悸亢進、神経過敏、苦悶の発作++
(*フランス・アロマテラピー大全より)
 
:アレルギー性鼻炎(花粉症) 神経炎 臓器に病院のない心臓障害 肝臓虚弱 神経性の皮膚の痒み 口唇ヘルペス 帯状疱疹 水痘瘡 膀胱炎 更年期症候群 神経過敏 多動 神経性入眠障害と「精神的な腹痛」 不安状態(心臓病恐怖症)
(*アロマ療法大全より)
 
:不眠症、ヒステリー、神経の不調による危機的局面、苦痛、激しい怒りに。
(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375より)

★精油の作用、効能について

 現在書籍およびネット上には、精油の効能についてさまざまな情報が出されています。
本当なのか実際にどうなのか確認したい人は多いと思います。精油の効能を知りたくて、当サイトにたどりついた人もいるかもしれません。
 精油は植物に含まれている様々な成分を濃縮したものです。これまでの長い植物療法の歴史からも、近年行われているいろいろな研究からも、精油が人体に様々な作用をすることは間違いないでしょう。(プラス面、マイナス面とも)。
 しかし、様々な成分が含まれている複雑な物質である精油が、これまた複雑な人体システムに作用する詳細はまだほとんどわかっていないというのが実際のところです。
 精油の効果についての様々な情報について、当サイトでどれが正しいか間違っているか結論することは正直なところ無理です。
 そこで、当サイトでは、参考文献として取り上げている文献の記載を、参考として列記しています。
 取り上げた以下の参考文献は、それぞれアロマテラピーの世界ではみとめられている文献です。
 参考になれば幸いです。
 
著名著者による文献
ジャン•バルネ博士の植物=芳香療法
アロマテラピー <芳香療法>の理論と実際
*フランスアロマテラピー大全
アロマ療法大全
エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375 
 
その他一般的なアロマテラピーの文献
アロマテラピー図鑑